知り合って2週間で、アラサーのタカネさんとオフパコを決められました。
オナニー鑑賞で見せ合った間柄です。
性的な快楽を分かち合う関係で意気投合した間柄です。
純粋に肉体を求めあう男女の関係を作るため、とある駐車場で待ち合わせすることになりました。
「顔は、会ってからのお楽しみね」
事前に顔を確認ができなかったものの、セックスができるため問題ないと感じました。
センズリ鑑賞で、僕のチンコにも大いなる興味を持ってくれた人妻。
フェラでも味わいたいし、オマンコの穴でも味わいたいと言ってくれていましたから、それはもう楽しみでしかたがありませんでした。

 

 僕の目の前に現れたタカネさんは、ぶっちゃけ美魔女!
本当に、心奪われてしまうほどの、魅力いっぱいの熟女だったのです。
上品さもあればスケベさもある。
そこかしこからフェロモンが漂っている。
ただビックリするだけって感じでした。
彼女の運転する車に乗せられ、ホテルに向かうことになりました。

 

 ホテルの中でも、通話でやったような行為からのスタートでした。
「里樹くんのオナニーが見たいな」
「それじゃ、じっくりと見てください」
僕は裸になり、オッキしているチンコを彼女の顔の近くに持っていきました。
彼女の目の前で、利き腕を使ってシコシコとやって行く。
タカネさんは、うっとりした表情でそれを見つめていました。
「タカネさんも、オマンコ触ってみて」
「うん・・」
スカートの中に手を入れ、パンツの中にも手を入れ、オナニーを始めてくれました。

 

 カリビアンコムの動画で見たような行為が、リアルでできてしまいました。
やってみたかったエッチ。
魅力的な美魔女と一緒にプレイをできた。
激烈極まりない興奮がそこにはありました。
見せ合いをしたあとのセックスは、それはもう熱いものになりました。
熟女は激しく喘ぎ声を出し続けてくれるし、口の中もオマンコの中もとっても気持ち良くて、最高の経験をさせてもらえました。